早稲田大学ヨット部

卒業生引退コメント⑤

卒業生引退コメント⑤

平素よりお世話になっております。今年度マネージャーを務めさせていただきました清原駿です。

まずはじめに、高校から数え、7年間私を支援して下さった全ての方々へ感謝を述べたいと思います。ありがとうございました。ヨット部の活動は監督、コーチ、OBOG、そして多くのヨット関係者のご支援がなければ成り立たないものであると常に実感し活動をしてきました。
昨年夏に私は病気で部を離れ最後の年は正直辛く苦しい1年間でした。レギュラーからマネージャーになる決心をするのにもかなりの時間を要し、その中で多くのOBの方から励ましの言葉を頂き、マネージャーとしてこの部を支え日本一を再び目指す決心がつきました。本当に感謝しています。
部活動は決して選手だけではなくサポート、多くの関係者の方の支援無くては成り立たないと選手とサポートを経験し、この1年間で私は強く実感しました。
私は高校のヨット部に入部した時から既に大学ヨット部で日本一になることを目標として掲げ活動してきました。その目標が全日本インカレ3連覇という最高の形で締めくくり無事に引退することが出来、本当に嬉しく思います。
しかし早稲田大学ヨット部の活動は今後も続いていきます。
4連覇、5連覇、その先へと新たな歴史を後輩には築いていって欲しいと私は切に願っています。今後は一OBとしてこの部を支え、高校のヨット部の底上げも含め早大ヨット部が日本一になるお手伝いを今後もさせていただければと思っております。
長い間本当にありがとうございました。
今後もよろしくお願い申し上げます。


« »