早稲田大学ヨット部

ヨット部紹介

早稲田大学ヨット部について

早稲田大学ヨット部は1932年(昭和7年)に創部されました。 その後、1939年(昭和14年)に体育会に入会し体育会ヨット部となりました。全日本学生ヨット選手権大会では過去8回優勝しています。 現在は神奈川県の八景島、葉山、江の島を拠点に練習をしており、学期中には週末合宿、長期休暇中には長期合宿をして日本一を目指して練習をしています。 OB、OGの方々の中には、卒業してからもヨットと関わりを持ち、日本はもちろん、世界のセーリング界でご活躍されている方もいます。
WSD_0328

監督挨拶

私たち早稲田大学ヨット部は1932年の創部以来、常に日本一を目指して活動してまいりました。日本一とは競技成績そのもの以上に、個々が自律的に活動し相互に高めあい、人として成長を重ねていくプロセスにこそ価値があると考えています。 文武両道と安全第一を大前提として、学生一人ひとりと向き合い、部活動を通じた経験や人とのつながりが学生の将来の礎となるよう努めてまいります。 部員のご家族、大学関係者、OB/OGの皆さまにおかれましては、平素のご指導・ご支援に厚く御礼申し上げるとともに、今後も変わらぬご高配を賜れますようお願い申し上げます。 関口功志

主将挨拶

本年度、早稲田大学ヨット部主将を務めさせていただくことになりました岡田奎樹です。 伝統ある早稲田ヨット部の主将になることを誇りに思い、4連覇を目指して全力で駆け抜けたいと思っております。 しかしながら4連覇という偉業は簡単に達成させてもらえません。これは自分が3回全日本インカレに出場させて頂き、感じたことです。 私達が確実に勝つためにはこれまで以上の練習を行わなくてはなりません。しかしながら過去3年間より練習時間を画期的に増やせるわけではありません。私はより効果的に、そして効率良く練習が行えるように試行錯誤を繰り返しインカレ優勝を目指します。 そして何より私が大切だと思うのはヨットを楽しいと感じることだと思っています。部員が全員ヨットを楽しいと感じられるように私自身が楽しくヨットに乗っていきたいと思います。 最後に毎年多くのOB、OGの方々が様々な形で私たちの活動の支援して下さっています。これは早稲田の強みだと思っています。 皆様のこのご支援のおかげで私達の活動は成り立っています。本当に感謝しております。ありがとうございます。 拙い文章で申し訳ありませんが、本年度も温かく見守っていただけるとありがたいと思っています。 よろしくお願い致します。 早稲田大学ヨット部主将 岡田奎樹

全日本インカレ総合優勝11回

  • 1936年 A級優勝 (博多湾奈多浜)
  • 1937年 A級優勝 (琵琶湖)
  • 1939年 A級優勝 (博多湾奈多浜)
  • 1955年 A級優勝 (千葉県・館山)
  • 1969年 A級優勝 (兵庫県・西宮)
  • 2008年 総合優勝 (兵庫県・西宮)
  • 2009年 総合優勝・スナイプ級優勝 (岡山県・牛窓)
  • 2010年 総合優勝・スナイプ級優勝 (愛知県・蒲郡)
  • 2014年 総合優勝・470級優勝・スナイプ級優勝 (福岡県・小戸)
  • 2015年 総合優勝 (神奈川県・江の島)
  • 2016年 総合優勝 (愛知県・蒲郡)
 

合宿所について

神奈川県の八景島に合宿所があります。また季節によっては葉山、江の島で練習することもあります。
  • 郵便番号:236-0006
  • 住所:神奈川県横浜市金沢区八景島 八景島マリーナ内早稲田大学ヨット部合宿所
  • 電話:045-788-8822(社団法人 横浜港振興協会)※ヨット部の電話番号ではありません、ご注意ください。

組織

部長 近江 幸治 (法学部教授)
監督 関口 功志
コーチ 小松 一憲 原田 龍之介
4年生 人数 8人
3年生 人数 9人
2年生 人数 10人
1年生 人数 12人 ※2017年9月26現在

旧小島合宿所

  • 住所:〒238-0112
  • 神奈川県三浦市初声町三戸924
  • 電話:0468-88-0262
昭和37年11月3日,早稲田大学ヨット部所有の「早風」は、初島レースにおいて暴風雨に見舞われ、OBと現役学生6名が遭難しその尊い命が失われました。 ヨット部は、当時、横浜で合宿をしておりましたが、他界された現役ヨット部員であった故小島信浩様のご一族の格別のご好意により、昭和43年秋より現在の「小島合宿所」を早稲田大学ヨット部の合宿所として使用させて頂いております。 平成7年には増築工事により、さらに充実した環境を整えています。